設立時のメッセージ

先端科学高等研究院の設置と展開について

横浜国立大学は、「実践的学術の国際拠点」として、先進的・実践的な「知」の発見創造並びに創造性と国際性豊かな教育研究を推進しています。2014年10月、科学技術の進歩と社会の要請に応じた「実践的学術の国際拠点」としての機能を一層発展させるために、「先端科学高等研究院」を設置しました。

横浜国立大学は、4学部5大学院から構成され、特色ある国際都市・横浜の常盤台キャンパスに結集しています。「先端科学高等研究院」の設置は、世界をリードする本学の先進的な研究分野において、海外の大学や研究機関、社会と連携しながら内外の著名な研究者を結集させ、学術系列の枠を超えた学際的領域における実践研究の推進を通して、世界的研究拠点を形成することを目的としています。そして、学長が高等研究院長を務める「先端科学高等研究院」は、全学的な研究拠点として本学の研究力向上と研究成果の社会実装を強力にけん引します。

「先端科学高等研究院」は、国立大学改革強化推進補助事業(文部科学省)の支援を受けて発足するものです。本学の強みであるリスク共生学の研究を中心に、世界の持続的発展に資する研究拠点を形成することを大きな重点目標に掲げます。現代社会におけるイノベーションの促進に伴うリスクの特定やリスクの顕在化を未然に防止する方策等についての先進的研究を推進し、その成果を社会還元して、安心・安全で持続可能な社会の発展に貢献します。そのために、今日のグローバル社会が直面する多様なリスクに対応し、そのソリューションを提供するための先進研究を担う国際的な研究拠点を形成していきます。特に、安心・安全イノベーション、スマートシティ創造とイノベーション、ライフイノベーション、複合分野で国際共同研究を実施し、新たな学術を創出することによって本学の世界的プレゼンスの向上を目指します。

横浜国立大学の高い研究力を基礎に、21世紀の学術と社会をグローバルにけん引していくリーダーの育成にも努めます。今回発足する「先端科学高等研究院」が横浜国立大学の更なる発展を通して、安心・安全で持続可能な国際社会の実現に向けた推進役になることをお約束します。


先端科学高等研究院長
横浜国立大学長 鈴木 邦雄


ページの先頭へ