1. YNU 先端科学高等研究院
  2. 先端科学高等研究院とは
  3. 先端科学高等研究院の組織体制の構成

先端科学高等研究院の組織体制の構成

学長主導の運営体制

横浜国立大学長が先端科学高等研究院長を兼任し、迅速で現場を反映した対応を可能とするトップダウン型のガバナンス体制を整備します。教授会相当の運営委員会では高等研究院長が委員長となり、その委員長は、副高等研究院長と主任研究者(PI)および学内から選出された教授陣から助言をもらってその場で意思決定をします。また、高等研究院長によるトップダウンの意思を助けるために、リスク分野で国際的に著名な研究者から構成される運営諮問会議を設置します。

国際連携+産学連携を実現した研究ユニット

先端科学高等研究院(以下、「高等研究院」という。)では、国際連携と産学連携が共生した研究ユニットを構築し、グローバルスタンダードに対応した実践性の高い研究シーズの創出を目指します。

各研究ユニットは、3名の主任研究者(PI)を中心に構成されます(図1参照)。我が国独自の優れた研究シーズおよび研究分野を有する日本人研究者である学内PI、当該分野における国際的知名度を有する外国人研究者である海外PI、当該分野の研究シーズを産業化へ結びつけるノウハウを有する企業人である産業界PIが協同することを最大の特徴とします。学内からの共同研究者を含めた研究ユニットにおいて多角的に検討することで、「リスク共生学」としての実践性の高い研究シーズを創出します。

図1 先端科学高等研究院の研究ユニット構成図。PI:主任研究者、YNU:横浜国立大学、IAS-YNU:先端科学高等研究院。

産業界のニーズに迅速に対応できる研究コンソーシアムの運営

高等研究院の各研究ユニットは、当該分野に関連する企業群および学外連携研究者と研究コンソーシアムを形成することを構想しています。

本コンソーシアムは、高等研究院の研究ユニットがシンクタンクとして当該企業群の有する技術ニーズに対するソリューションを提言することを目的とします。また、本コンソーシアム活動により得られた基盤技術(知的財産)および研究ユニットが有する基盤技術(知的財産)は、コンソーシアムに参加する企業群へオープンライセンスとすることを検討中です。

充実した研究支援体制

高等研究院では、各事務処理だけでなく研究ユニットの研究戦略立案もバックアップする充実した研究支援体制を整備します。特に、国際連携および研究コンソーシアムでの知的財産戦略などには、専門職員を雇用し、マネージメントを支援する計画を検討中です。


ページの先頭へ