News

小坂英男教授の論文「Universal holonomic quantum gates over geometric spin qubits with polarised microwaves」がNature Communicationsに掲載されました

横浜国立大学先端科学高等研究院の量子情報セキュリティ研究ユニットの主任研究者である、小坂英男教授の論文「Universal holonomic quantum gates over geometric spin qubits with polarized microwaves」が、Nature Communicationsに掲載されました。

JST 戦略的創造研究推進事業において、小坂教授の研究グループは、ダイヤモンド中の窒素空孔中心(NV中心)にある電子や核子のスピンを量子ビットとして用い、室温の完全無磁場下で、操作エラーや環境ノイズに耐性を持ち自在に多量子操作ができる万能な量子ゲート操作に世界で初めて成功しました。この成果により、室温で動作するあらゆる量子素子実現に道を拓き、暗号化通信や創薬といった複雑な問題解決への応用が期待されます。

詳細については、以下リンクをご覧ください。

横浜国立大学プレスリリース: 【プレスリリース】世界初、ダイヤ中でエラー耐性量子演算処理に成功 ~室温万能量子コンピューターに道~

JSTプレスリリース: 世界初、ダイヤ中でエラー耐性量子演算処理に成功~室温万能量子コンピューターに道~

EurekAlert!: マイクロ波偏光を用いた独自の量子ビットによる、エラー耐性と量子もつれを克服する量子操作の実現

Nature Communications(英語サイト): Universal holonomic quantum gates over geometric spin qubits with polarised microwaves