研究内容

超高信頼性自己治癒材料研究ユニット

研究内容

本研究ユニットでは、自己治癒材料を中心とした次世代の超高信頼性構造材料の開発を実施します。さらに、これらの材料系の国際標準となる評価手法の確立、自己治癒材料の適用に関するリスク評価を実施します。

研究体制

連携研究者

  • ボフミール・ストルナデル IAS連携教授 (オストラバ工科大学, チェコ)
  • 古屋 泰文 IAS客員教授

研究協力者

  • イボ・ドローヒー IAS招聘教授 (材料物理研究所, チェコ)

連携機関

国際連携機関

その他の情報

シンポジウム・セミナー