研究院紹介

先端科学高等研究院の組織体制

最終更新日:2021年10月1日

学長主導の運営体制

横浜国立大学学長が先端科学高等研究院の研究院長を兼任し、トップダウン型の効果的な運営ガバナンス体制を整備しています。 また、研究・財務担当理事および、教育研究科長を含む学内各研究院長等からなる「運営委員会」を設置し、 学内の知見を横断的に反映した研究組織運営を行います。さらに、研究戦略の策定や研究成果の社会への発信・外部機関との連携など、 先端科学高等研究院の設立目的に根差したさまざまな活動を効果的・効率的に実行する組織運営を支援するため、過半数が学外の有識者からなる「運営諮問会議」を設置しています。

全学研究組織における先端科学高等研究院の位置づけ(2021年10月現在) 全学研究組織における先端科学高等研究院の位置づけ(2021年10月現在)

海外・産業界との連携による研究ユニット構成

先端科学高等研究院に配置された各研究ユニットは、海外の有力な大学研究拠点等とのグローバル連携および、国内外企業・公的研究機関・地方自治体・金融機関等との産官公学金連携を特に重視し、その取り組みを強化しています。

各研究ユニットは代表PI(Principal Investigator=主任研究者)を中心に構成され、①独自の優れた先端的研究シーズ有する本学研究者(学内PI)、 ②その分野における国際的プレゼンスを有する海外研究者(海外PI)、③研究シーズを社会実装に繋げるノウハウを持った(産業界PI)が連携します。 これにより、研究成果の国際的な学術価値を高めるのみならず、「リスク共生学」として社会的インパクトも高く実践的な研究シーズを持続的に生み出し、迅速な社会実装を目指す研究システム体制をデザインしています。

また産業界のニーズに応じて学外の連携研究機関や企業との研究コンソーシアムを形成し、研究情報の共有や共同・協同研究を通じた社会課題の解決を目指しています。

先端科学高等研究院の研究ユニット構成図 先端科学高等研究院の研究ユニット構成図

研究推進マネジメント体制

先端科学高等研究院では、研究戦略企画マネージャーや研究群担当教員によるマネジメント体制を整備し、研究部門(研究センター、研究群・研究ユニット)のさまざまな活動を支援しています。

全学横断機構である研究推進機構(URA・産学官連携コーディネーター・知的財産マネージャー等)とも緊密に連携し、 競争的資金獲得支援、ポスト・アワード業務、学外向けイベント等のアウトリーチ活動、学外有識者(他分野研究者や研究成果活用組織等)の探索支援など、 研究者の活動を幅広くサポートしています。

さらに詳しく