第二フェーズ・キックオフシンポジウム採録

第二フェーズ・キックオフシンポジウム採録

2019年2月5日、ワークピア横浜に於いて開催

 産学界から多くの人が聴講

産学界から多くの人が聴講

国立大学改革強化推進補助金により2014年10月、“リスク共生”を研究の基盤テーマとして創設された先端科学高等研究院(IAS)は、2018年度より第二フェーズに移行しました。そこで、今後の方針やこれまでの実績を、IASのメンバーと参加者が共有するため、2019年2月5日、ワークピア横浜に於いて、「横浜国立大学・先端科学高等研究院 第二フェーズ・キックオフシンポジウム」を開催しました。

冒頭、高等研究院長を務める長谷部勇一学長が、IAS開設の経緯と方針を紹介。続いて、来賓の文部科学省 玉上晃大臣官房審議官より、「2040年に向けた高等教育のグランドデザイン」が示す国立大学の役割のモデルとして、IASの取り組みにさらなる期待が寄せられました。

シンポジウム前半では、三宅淳巳副高等研究院長が第二フェーズの主旨を説明し、三島良直上席特別教授が講演を行い、IASが目指す今後の展望と決意が示された後、3つの研究群(クラスター)が紹介されました。

 各研究を紹介するポスターセッションを併催

各研究を紹介するポスターセッションを併催

各ユニットの研究を紹介するポスターセッションとコーヒーブレイクを挟んだシンポジウム後半では、松本勉教授がモデレーターを務め、「Society5.0を先導するサイバーフィジカルセキュリティ×イノベーション」と題したパネルディスカッションを開催。テーマについて、企業の取り組みや、IASの具体的成果が紹介された後、登壇者によるディスカッションが行われました。

本WEBサイトでは、当日の採録をご覧いただけます。

ダイジェスト動画

プログラム

長谷部 勇一学長

開会挨拶

「リスク共生」のコンセプトのもと 社会実装を見据えた実践的研究の拠点に

高等研究院長・学長 長谷部 勇一

玉上 晃 氏

来賓挨拶

安全・安心で持続可能な活力ある社会の実現に期待

文部科学省 大臣官房審議官 玉上 晃 氏

三宅 淳巳

IAS第二フェーズで目指す活動成果

多様な連携により研究の社会実装を強力に推進

副高等研究院長 三宅 淳巳

三島 良直

展望講演

産学連携による教育研究の成果を社会実装し、その利益を教育研究に還流できる仕組み作りを

上席特別教授/東京工業大学名誉教授・前学長
三島 良直

松本 勉

研究群紹介1

サイバー・ハードウェアセキュリティ研究群

教授・主任研究者(PI)
松本 勉

藤野 陽三

研究群紹介2

インフラストラクチャリスク研究群

上席特別教授・主任研究者(PI)
藤野 陽三

真鍋 誠司

研究群紹介3

社会価値イノベーション研究群

教授・主任研究者(PI)
真鍋 誠司

パネルディスカッション

パネルディスカッション

「Society5.0を先導するサイバーフィジカルセキュリティ×イノベーション」

三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 情報セキュリティ技術部長 米田 健
教授・主任研究者(PI) 松本 勉
教授・主任研究者(PI) 真鍋 誠司
准教授・共同研究者 吉岡 克成

梅原 出

講演の部 総括

若手研究者の発想を尊重し、文理協働で「顔が見える」大学を目指す

教授 梅原 出