1. YNU 先端科学高等研究院
  2. ニュース&トピックス
  3. シンポジウム・セミナー
  4. 超高信頼性自己治癒材料研究ユニットがレーザ顕微鏡VK-X250の取扱い説明会を開催

超高信頼性自己治癒材料研究ユニットがレーザ顕微鏡VK-X250の取扱い説明会を開催

超高信頼性自己治癒材料研究ユニット中尾主任研究者から、「高等研究院で新たに導入したレーザ顕微鏡VK-X250を自由に利用いただき、高等研究院関係者の研究の効率化を図っていただきたい」という提案のもとで、同顕微鏡の取り扱い説明会が開催されました。

日時・会場

日時:2015年5月27日(水) 1回目:13:00から、2回目:15:00から
会場:横浜国立大学物質工学科エネルギー工学棟105室


写真1:説明会の一風景。学外から招いた講師がレーザ顕微鏡の取り扱いやモニターに表示される測定結果を説明中。学生はノートをとりながら説明に耳を傾けています。

  

説明会の様子

参加予定者の都合を考慮して、同じ内容の説明会が2回実施され(写真1は、2回目の一風景。その時、参加者は18名)、各回において、超高信頼性自己治癒材料研究ユニットの中尾主任研究者から趣旨説明があり、その後、学外から招いた講師(株式会社キーエンス倉元康次氏)から90分ほどのレーザ顕微鏡VK-X250(写真2)の説明と実技がありました。出席した学生、ポスドク、教員から沢山の質問があり、また、ポスドクが準備した観察資料をレーザ顕微鏡VK-X250で観察、測定、解析等を行い(写真3)、盛況のうちに終了いたしました。

レーザ顕微鏡VK-X250

今回導入したレーザ顕微鏡VK-X250は、従来機種とは以下の点で違うため、研究の目的に合わせて本顕微鏡を使用することで、研究の効率化が図れます。

  • 光学顕微鏡の限界を超えて更に倍率を上げることができる
  • SEM(電子顕微鏡)と違い、大気中での観察が可能なので前処理や真空引きは一切不要
  • 粗さ計では測れなかった超微細形状まで確認できる

詳細情報

設置状況


写真2:導入されたレーザ顕微鏡VK-X250(本学物質工学科エネルギー工学棟105室)。向かって左側のモニターに観察、測定、解析の結果を表示。

写真3:モニターに表示された対象物の3次元形状。

  

問い合わせ

超高信頼性自己治癒材料研究ユニット主任研究者
中尾 航 准教授
横浜国立大学 工学研究院 機能の創生部門
物質工学科エネルギー工学棟203、205室

関連情報

株式会社キーエンス

ページの先頭へ